おすすめパソコン

【便利なタッチパネルのノートパソコン】富士通のLIFEBOOK WU3/F3のメリットを解説

【タッチパネルが便利】富士通の軽量ノートパソコン LIFEBOOK WU3F3

パソコンを購入する時、タッチパネル機能って必要なのかな悩んでいませんか?
実は、タッチパネルの本当の便利さに気づいていない可能性があります。
なぜなら、高性能なタッチパネルのノートパソコンは、ここ最近出始めたばかりからです。
私は、コンサル系IT会社でデータの作成をしています。
この記事では、富士通のタッチパネルのノートパソコンのメリットを紹介しています。
この記事を読むと、お得に購入できるポイントがわかります。
結論は、タッチパネルのノートパソコンのメリットとお得に購入できるポイントがわかります。

おすすめ品…LIFEBOOK WU3/F3 13.3型

セール対象の中でも、特におすすめなのがこちらの製品。
世界最軽量ペン内蔵型 2in1 PC WEB MART限定モデル
iF DESIGN AWARD 2020受賞。世界最軽量
※詳細はこちらの公式ページでご確認

富士通WEB MARTだけで販売されている限定モデルです。他のパソコンに比べて、魅力的なポイントがいくつかあります。

LIFEBOOK WU3/F3のおすすめポイント

おすすめポイント
  1. 高精細なアクティブペンが内蔵、格納場所あり😻
  2. リアカメラ😻
  3. 綺麗に映るWebカメラ😻
  4. “2in1スタイル”でありながら、高性能😻
  5. 映像に凝ったゲームも楽しめる😻

おすすめポイント①高精細なアクティブペンが内蔵、格納場所あり

超軽量でコンパクトなのに、高精細なアクティブペンが内蔵されています。
特に、語学部の学生にはおすすめです。
アクティブペンの使用のメリットは、オンライン会議でのグラフ提示などに対して、さくっと気になる箇所をメモできたり、学生は語学習得では、「書く」という基本学習で学びのスピードアップに貢献できます。
アクティブペンの格納場所があるので、紛失しにくいという安心感があります。

おすすめポイント②リアカメラ

超便利なリアカメラ。授業や会議では、ホワイトボードなどに提示された資料や手書きの説明内容を転機する必要な場合があります。リアカメラ搭載なので、パソコンで撮影し、そのまま資料としてまとめることができます。
リアカメラがない場合は、スマホやタブレットなどでカメラ撮影して、データをパソコンに送り、まとめるといった作業が生じます。作業の時短が可能

おすすめポイント③綺麗に映るWebカメラ

画素数が高いWEBカメラ。フルHD Webカメラ (有効画素数 約207万画素) Windows Hello対応(フロント)+Webカメラ (有効画素数 約500万画素)(リア)。
オンライン会議やオンライン学習で、カメラの性能が良くないと、自分の表情も相手に伝わりにくいですし、何より印象よく綺麗に映りたいですよね。
一般に昨年、発売されているパソコンの中で92万~100万画素のものが多い中で、こちらははるかに超える画素数。綺麗に映ることが期待できるカメラですね。

おすすめポイント④“2in1スタイル”でありながら、高性能

プロセッサーが“Intel Core i5-1135G7”と高性能。難しいプログラム、複雑なアプリケーションの処理を難なくこなすことができます。
普通、一般に“2in1スタイル”のものは、オンライン学習向けに使用しやすいことから、パソコンのスペックがそれほど高いものものではない方が、製品数的には多いです。
従来は、使用途がお子様のオンライン学習、ネット検索など軽い作業のものに限られてきました。
しかし、LIFEBOOK WU3/F3は、高性能プロセッサーを搭載。
“2in1スタイル”で高性能です。
Excelなどのグラフ作成、パワーポイントなど複雑な作業もなんなくこなせるので、大学生が使うことのできるのが、非常に魅力なポイントです。

おすすめポイント⑤映像に凝ったゲームも楽しめる

高性能のグラフィックカードがプロセッサーが“Intel Core i5-1135G7”に内臓されているので、“フォートナイト”など映像に凝ったゲームを楽しむことができます。
最近のノートパソコンでは、グラフィックカード内臓の高性能プロセッサーを搭載しているものが、多く発売されています。
そのため、ビジネスモデルのノートパソコンをオンとオフで使うライフスタイルになってきています。
ノートパソコンスタイルで、キーボードでゲームをプレイすることもできますが、このパソコンは、タブレットスタイルすることができます。
ゲームパッドを使用してプレイすることで、画面との間の距離を縮めることによりゲームへの没入感を楽しむことができます。

ディスプレイ
13.3型ワイド フルHD(1920×1080) タッチ非対応 ノングレア液晶
カラー
ピクトブラック
CPU
Intel Core i5-1135G7
GPU Intel® Iris® Xe graphics(CPUに内蔵)
メモリ
8GB
ストレージ SSD 約128GB(PCIe)

パソコンのスペックについては、“【初心者向け】パソコンの選び方をわかりやすく解説”の記事で書いています。よかったら、参考にしてみてくださいね。

富士通の公式オンラインストアでお得に購入できる方法

キャンペーンでお得に購入できるのは期間が決まっているのですが、利用できるお得なクーポンやキャンペーンが併用できます。

アカウント登録

「My Cloud アカウント」に登録し、製品をお気に入り保存すると、クーポンをゲットすることができます。また、カスタムメイドモデルなら、保証期間を《無料》で合計3年間に延長可能。アカウント登録で、通常の割引率ではなく、限定の割引率のキャンペーン価格で購入できます。
アカウント登録の詳しい内容はこちらのページです。

まとめ買いキャンペーン…2022年8月24日(水曜日)14時まで

対象商品のお買い上げ数量に応じて割引額がアップするお得なキャンペーン。
3台以上のお買い上げ→1台につき3,000円OFF! 5台以上のお買い上げ→1台につき5,000円OFF!
友達や家族など、同じようなスペックのパソコンを探している人と合わせて、購入できるとよいですね。

まとめ:使いこなすのが楽しいパソコン

高性能、機能充実、1台で何役もこなせるパソコンです。
13.3インチで軽量と携帯性にも優れているので、事務作業、学習、クリエイティブワークなど、いろいろな使い方ができます。
私は、英検準1級を取得しています。短時間で語学を習得するには、「書いて覚える」というのが、個人的には効果的でした。
タッチパネルのノートパソコンあれば、「書く」ことができます。
書くことができると、記述問題の対策に役立ちます。
「書く」以外の勉強は、ヒアリングやスピーキングです。
ヒアリングやスピーキングは、AIを駆使した最新の翻訳機で、スキマ時間を使って学習することができます。
スキマ時間で有効に学習できる方法は、“【英検・TOEIC試験対策】元英語学習指導者が翻訳機の利用方法を解説”で書いています。
英語は、一般企業であれば抵抗なく使える能力が必要でしょう。
数年後には、TOEIC800点以上が採用基準で必要であると言われています。
語学を効率的に覚えるのに、タッチパネル対応のノートパソコンは便利です。
タッチパネルのパソコンのメリット・デメリットはこちらの記事で書いていますので、興味のある方は読んでみてくださいね。

【ノートパソコンのタッチパネルは必要?】大学生が使うメリット、デメリットを徹底解説
【ノートパソコンのタッチパネルは必要?】大学生が使うメリット、デメリットを徹底解説大学生でタッチパネルのノートパソコンが気になっている方は必見! この記事では、タッチパネルのノートパソコンのメリット、デメリットを紹介します。 実は、タッチパネルのメリットを十分に知らない可能性があります。 この記事を読むと、タッチパネル対応のノートパソコンの使い方を知ることができます。...



スキルをスライド“slide style”

スキルをスライドして、先駆けて情報やスキルを得ることで、仕事の付加価値が増え、結果、収入を増やすことができ、自由な時間を得ることができます。
自分の好きなことに使える時間を増やすことが、slide-styleの目的です。