おすすめパソコン

【ThinkBook 13s Gen 2(第11世代インテル)詳細レビュー】使いやすい、コスパがよいモバイルノートパソコン

【ThinkBook 13s Gen 2(第11世代インテル)詳細レビュー】使いやすい、コスパがよいモバイルノートパソコン

Lenovoのコスパがよいノートパソコン”ThinkBook 13s Gen 2”。”ThinkBook 13s Gen 2”は、マイクロソフトオフィス2021がついて、10万円台。
”ThinkBook 13s Gen 2”を実際に使用したメリット・デメリットを詳細にレビューします。動画編集の様子も紹介しています。

公式サイトはこちら

ThinkBook 13s Gen 2のメリット

ThinkBook 13s Gen 2の選ばれる3つの理由!

人気のInetel プロセッサー、11世代を搭載

11世代のCPUはインテル® Iris® Xeグラフィックスを内蔵。グラフィック系アプリケーションの作業、動画編集、ゲームなどのビジュアル再現性が高いです。最大5GHzの20個のPCIe 4.0レーンで作るディスクリート・グラフィックスが、モバイルノートパソコンのゲーム環境を作り出しています。

ThinkBook 13s Gen 2
ThinkBook 13s Gen 2
Back of ThinkBook 13s Gen 2
ThinkBook 13s Gen 2の裏面

①ThinkBook 13s Gen 2を横から見た様子。クッションで排熱箇所が浮くようになり、パソコンに負荷がかからないようになっています。キーボードに角度がつき、入力しやすいです。
②スピーカーの部分は角度がつき、音声が聞きやすいです。

ThinkBook 13s Gen 2 key pitch
ThinkBook 13s Gen 2のキーピッチ

キーピッチは19mmで、一般的なノートパソコンと同じです。

軽量で収納しやすい

サイズは13.3インチのモバイルサイズ、14.9mmの薄さでカバンに収納しやすいです。質量は、約1.26kg。

ThinkBook 13s Gen 2 and power adapter
ThinkBook 13s Gen 2と電源アダプター(梱包内一式)

B5ノートの一回り大きいサイズです。

Size of ThinkBook 13s Gen 2
ThinkBook 13s Gen 2のサイズ

高速でセキュリティに強い通信

Wi-Fi 6対応 (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n準拠) 2×2 & Bluetooth®を搭載。


Wi-Fi 6の特徴は、

〇通信の高速化
〇消費電力を抑える省エネ
〇セキュリティ強化

以上があります。

Comparison of Wi-Fi 5 and Wi-Fi 6 transmission speeds
Wi-Fi 5とWi-Fi 6の通信速度の比較

ThinkBook 13s Gen 2の便利さ

最新の“Thunderbolt4”、便利なインターフェース

インターフェースが、USB Type-C 3.1 Gen 2 (Thunderbolt4 対応)、USB 3.1 Gen 1、HDMIなど、周辺機器と接続しやすいポートを全て網羅。
最新のインターフェース“Thunderbolt4”は、高速データ通信ができ、セキュリティに強いです。

≫リンク‥Thunderbolt 4 のメリットと使い方をわかりやすく解説【USB Type-Cの違いは?】

ThinkBook 13s Gen 2 interface
ThinkBook 13s Gen 2のインターフェース

ノイズキャンセリング機能付きのマイク

マイクの受信方向は、単方向と360度の全方位に切り替えれます。単方向のマイクは
個人通話、360度の全方位マイクはグループの通話で、快適な通話を実現できます。

ワンタッチで操作できるプライバシー保護

Web カメラは、ワンタッチでカメラカバーを開閉できます。

パソコンへのログインは、指紋認証機能を搭載しています。パソコンのセンサーにワンタッチでログインでき、パスワード入力をする必要がありません。パスワードを誰かに見られて、ログインされるリスクもありません。

Fingerprint sensor on ThinkBook 13s Gen 2
ThinkBook 13s Gen 2の指紋認証センサー

ThinkBook 13s Gen 2のデメリット

3Dゲーム用の超ハイスペックノートパソコンではない

事務系アプリケーションで重いデータを作業する、フォートナイトなどのゲームを楽しめるといった、一番使い勝手が良いノートパソコン。ThinkBook 13s Gen 2のCPUは、2種類から選択します。ベンチマークは、Intel Core i5-1135G7が10097、Intel Core i7-1165G7は10487。ゲーム配信や3Dゲームを高速に連打するような操作するスペックではありません。

パソコンのCPUのベンチマーク別の作業内容は、以下になります。

  • 13000~…ゲーミングパソコンの初心者から動画配信など
  • 6000~13000…事務系アプリで重いデータを処理、動画編集
  • 2000~6000…動画視聴、オフィス系アプリケーションを操作

イーナ

内蔵のグラフィックカード“インテル® Iris® Xeグラフィックス”は、動画をさくさく動かすことができます。

タッチパネルではない

タッチパネル対応ではありませんが、滑らかで見やすいIPS方式のディスプレイ。アスペクト比が16:10、解像度がWUXGA液晶(1920×1200ドット)で、見やすいディスプレイになっています。

イーナ

IPS方式のディスプレイは画面が滑らかで、細かいところまでくっきり見えます。場面の細かなところを確認する、動画編集の作業がしやすいです。

ThinkBook 13s Gen 2の商品情報

販売元Lenovo
ブランドThinkBook
価格
(公式サイト)
¥109,890~
税込・送料無料
ディスプレイ13.3″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢なし,
マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 300 nit, LEDバックライト
OSWindows 11 Home 64bit
メモリ8 GB LPDDR4X-4266MHz (オンボード)~
ストレージ256 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe~
CPUインテル® Core™ i5-1135G7 プロセッサー (2.40 GHz 最大 4.20 GHz)
インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー (2.80 GHz 最大 4.70 GHz)
GPUCPU内蔵 (インテル® Iris® Xe グラフィックス)
重さ約 1.26kg
オフィスMicrosoft Office Home & Business 2021
公式サイト詳細を見る
ThinkBook 13s Gen 2の一覧表


節約好き子
節約好き子

マイクロソフトオフィス2021年がついて10万円台は、お得。
作業がしやすいディスプレイも嬉しい。

ThinkBook 13s Gen 2が一番安いのは公式サイト!


Windows11を搭載した“IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)”をどこで購入すれば、一番安く買えるかを徹底調査しました。今回はアマゾン、楽天、ヤフー、公式サイトで調査を実施。

ThinkBook 13s Gen 2 on the Rakuten website
楽天サイト
ThinkBook 13s Gen 2 on Amazon
Amazonサイト
yahooサイト

Microsoft Office2021がついて10万円台

ThinkBook 13s Gen 2のよくある質問

ThinkBook 13s Gen 2の疑問

ThinkBook 13s Gen 2のよくある質問を紹介します。購入を検討している方は参考にしてください。

ThinkBook 13s Gen 2の電池持ちは、最大約18.7時間

CPUがインテル Core™ i7-1165G7は、 駆動時間が約 15.7時間、インテル Core™i5-1135G7 は、 駆動時間が約 18.7時間です。長い駆動時間が特徴です。

                       

ThinkBook 13s Gen 2の重さは、約1.26kg

実際に計測した画像です。

ThinkBook 13s Gen 2 weight
ThinkBook 13s Gen 2の重さ

ThinkBook 13s Gen 2のメモリは、8GBと16GB。

メモリは8GBと16GBの2タイプです。

ThinkBook 13s Gen 2は、動画編集ができますか?

ThinkBook 13s Gen 2で動画編集できます。
プロも使うAdobeのPremiere Pro の必要システム構成の要件を満たしています。動画編集に必要なGPU“インテル® Iris® Xe グラフィックス”を搭載しています。
AdobeのPremiere Proの詳細はこちら

↓は編集作業の動画で、操作できています。

👇は、Premiere Pro での編集作業の動画です。操作できています。

👇は、データ変換中の動画です。ゆっくりですが、作業できます。

他の動画のアプリケーション、Lightworks 22.3のシステム要件も満たしています。Lightworks 22.3の詳細はこちら

知って得するパソコンの豆知識

ノイズキャンセリング

パソコン周りのノイズを拾い、ノイズと逆相になるような音を作り、スピーカーから出力し空間で打ち消して「騒音を下げる」ことを目的にした機能。
ノイズキャンセリング付きのマイクは、カフェでの人の声や音楽を消して、相手との会話をスムーズにできます。

ディスプレイのアスペクト比16:9と16:10の違い

ワイド液晶ディスプレイのアスペクト比には、16:9と16:10があります。アスペクト比によって、画面を構成するドットの数が違います。

略称横×縦のドット数アスペクト比横×縦の総ドット数
1080i/p1920×108016:9207万3600
WUXGA1920×120016:10230万4000
ワイドディスプレイ解像度とアスペクト比の表


16:9の画面と相性が良いのは、フルHDで制作されたもの。映画やゲームなど。
16:10と相性が良いのは、A4縦の文書などの書類、Web閲覧など。
解像度が高いと細かい情報も見えるので、表示できる情報量が多くなります。解像度が低いと細かい情報が見えず、画面をアップにするので、表示できる情報量が少なくなります。
16:10は、16:9に比べ、ドット数が多いので、画面の構成が細かくなります。A4縦の文書を細かい構成で表示でき、アップにする必要がない、作業がしやすいディスプレイです。

作業がしやすい16:10

データやファイルの作成はいくつかのアプリケーションを立ち上げる必要があります。ワードとPDF、Excelとワード、Excelとパワーポイントなど、複数のアプリケーションを組み合わせることで、作業効率を上げれます。複数のアプリケーションを立ち上げ表示させた時に、見やすく配置ができるのが16:10です。

スリムで見やすいノートパソコン


ThinkBook 13s Gen 2 は、薄くて軽量なモバイルノートパソコン。バッグにさっと収納できる携帯性のよさです。ディスプレイはIPS方式の液晶パネル、アスペクト比16:10で綺麗で作業のしやすいです。大学生やビジネスで使うのに、使いやすくてコスパがよいノートパソコンです。

同じぐらいのスペックのノートパソコンと比較すしたい場合は、“【2022年】文系大学生おすすめノートパソコン15選”を参考にしてみてください。

スキルをスライド“slide style”

スキルをスライドして、先駆けて情報やスキルを得ることで、仕事の付加価値が増え、結果、収入を増やすことができ、自由な時間を得ることができます。
自分の好きなことに使える時間を増やすことが、slide-styleの目的です。