おすすめパソコン

【IdeaPad Flex 550 詳細レビュー】8万円台で動画編集をデジタルペンできる超便利なノートパソコン《編集作業動画あり》

Lenovoの売れ筋ランキングに入っている”IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)”。”IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)”は、どれぐらいの作業能力があるのか、気になっていませんか?
”IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)”を実際に使用したメリット・デメリットを詳細にレビューします。動画編集作業の動画も紹介しています。

公式サイトはこちら

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のメリット

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の選ばれる3つの理由!

抜群にコスパがよい 

メモリ16GB、CPUのスペックが高いのに10万円台と抜群にコスパがよいです。コストをかけずに、動画編集、ゲーム、イラストを書くなどいろんな使い方をしたい方にぴったり。

タッチパネル対応、デジタルペン付

ディスプレイとの互換性が保証されているデジタルペンがついているのは安心です。デジタルペンでメモやイラストを書けます。デジタルペンは、メモに書いた文字をテキストで抽出する便利な使い方ができます。テキストで抽出したデータは、ExcelやWordに利用でき、作業効率を上げれます。

<<リンク‥“【ノートパソコンのタッチパネルは必要?】大学で使うメリット、デメリットを徹底解説”

IdeaPad Flex 550 Type 14 (AMD) and digital pen
IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)とデジタルペン

360° ヒンジを搭載で自由な形で使用

360° ヒンジで、ノートパソコン、タブレット、テント型とどの形でも使用できます。ディスプレイはデジタルペン(別売り)に対応し、イラストやメモなど手書きのデジタル画像を残せます。               

IdeaPad Flex 550 14-inch (AMD) standalone
スタンド型
IdeaPad Flex 550 Type 14 (AMD) Tent type
テント型
IdeaPad Flex 550 14-inch (AMD) tablet
タブレット型
IdeaPad Flex 550 14-inch (AMD) laptop
ノート型

自由でシンプルな機能

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD) の便利さ

バッテリー駆動時間18.5時間、充電時間3時間

バッテリー駆動時間が長く、朝から夜まで外出先で使用できます。

優れた操作性

CPUは、AMD Ryzen™ 7 5700Uを搭載。AMD Ryzen™ 7 5700Uのベンチマークは15931です。
15000台のベンチマークでできることは、イラスト作成、動画編集、オンラインゲームです。動作周波数最大4.30が高く、大量のデータを処理できます

<<リンク‥CPUの見方記事“【パソコン初心者・大学生必見】パソコン購入のポイント“CPU”をわかりやすく解説”

ワンタッチで操作できるプライバシー保護

Web カメラは、ワンタッチでカメラカバーを開閉できます。パソコンへのログインは、指紋認証機能を搭載。パソコンのセンサーにワンタッチでログインでき、パスワード入力をする必要がありません。パスワードを誰かに見られて、ログインされるリスクもありません。

Fingerprint sensor on IdeaPad Flex 550 Type 14 (AMD)
IdeaPad Flex 550 14型 (AMD) の指紋認証センサー

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のデメリット

Thunderbolt 4は搭載されていない

インターフェースの最新、Thunderbolt 4は搭載されていません。Thunderbolt 4はデータを高速に入出力します。IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のインターフェースは、最新ではありませんが、パソコン初心者にわかりやすい構成です。
構成は、フルサイズのUSBポート、Type-C、HDMI、Micro HDMI、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック、イーサネット・コネクター(RJ-45)。ケーブル変換器を使わず、そのまま使える構成です。

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD) のインターフェース
IdeaPad Flex 550 14型 (AMD) のインターフェース
イーナ

Type-Cがあり、携帯用の充電器で充電できます。HDMI端子でディスプレイに接続でき、便利です。

映りこみがしやすい

画面に光沢があり、映りこみしやすいです。屋外や照明が明るい場所は、角度によっては、ディスプレイは鏡のように自分が映り込み見にくくなります。

イーナ

映り込みを防ぐフィルムを貼ると解決できます。UVカット機能付きのフィルムもあり、目に優しく、ディスプレイの保護にもなります。

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)に合うフィルムは、“エレコム 14Wインチ (16:9) 保護フィルム”です。タッチパネル対応のフィルムです。

ELECOM 14W inch (16:9) Protective Film
エレコム 14Wインチ (16:9) 保護フィルム

“IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)”の商品情報

販売元Lenovo
ブランドIdeaPad
価格
(公式サイト)
¥84,920
税込・送料無料
ディスプレイ14″ FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢あり,
マルチタッチパネル, 45%NTSC, 250 nit,
LEDバックライト
OSWindows 11 Home 64bit
メモリ16GB 
ストレージ512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
CPUAMD Ryzen™ 7 5700U
(1.80 GHz 最大 4.30 GHz)
GPUCPU内蔵 (AMD Radeon™ グラフィックス)
重さ約 1.5kg
公式サイト詳細を見る
IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の一覧表


節約好き子
節約好き子

メモリ16GBでベンチマーク15931でデジタルペン付で8万円台はコスパがよすぎ!動画編集もらくらくできます。

Windows11を搭載した“IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)”が一番安いのは公式サイト!


Windows11を搭載した“IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)”をどこで購入すれば、一番安く買えるかを徹底調査しました。今回はアマゾン、楽天、ヤフー、公式サイトで調査を実施。

楽天サイト
Amazonサイト

yahooサイト※Office付

公式サイトが一番安いです。Officeをつけるなら、yahooがお得です。

“IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)”のよくある質問

Questions about IdeaPad Flex 550 Type 14 (AMD)

ここではIdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のよくある質問を紹介します。購入を検討している方は参考にしてください。

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD) のベンチマークは?

ベンチマーク15931です。動画編集など重いデータを作業することができます。

                        <<リンク‥PASS MARKで詳細記載

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD) の消費電力は?

最大消費電力(W)は65です。

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の重量は?

約 1.5kgです。

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)は、動画編集ができますか?

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)で動画編集できます。
プロも使うAdobeのPremiere Pro の必要システム構成の要件を満たしています。
AdobeのPremiere Proの詳細はこちら

Premiere Pro でデジタルペンで作業しました。👇は、作業を画面録画した動画です。

Adobe系アプリケーションは操作項目が細かいです。タブの中にはたくさんの項目があり、マウスで選択するかショートカットキーを使って操作。マウスで項目の選択は、タブをクリックし下にスクロールして項目出すためめ、マウスを移動する距離が長くなります。

イーナ

デジタルペンはワンタッチでタブが開き、選択が超楽でした。

下は、動画をスローモーションにする作業です。スローモーションは、データを変換して作成します。データ変換は、パソコンのスペックが良くないとさくさくできません。

イーナ

データ作成が重い作業も、楽々できました。↓の動画をチェックしてみてね。


IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)でPremiere Proを使っている動画

Music by AudioCoffee from Pixabay

他の動画のアプリケーション、Lightworks 22.3のシステム要件も満たしています。Lightworks 22.3の詳細はこちら

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD) のメモリは?

16GBです。

知って得するパソコンの豆知識

タッチパネルディスプレイ


タッチパネルディスプレイは、指やデジタルペンで直接タッチして、操作できます。ペンの方がマウスより小さい箇所のクリックに操作しやすく、イラストも書けれます。手書きの文字からテキストを抽出できるOCR(Optical character recognition=光学文字認識)。OCRの近年の技術の進化で、タッチパネルディスプレイのノートパソコンはできることが増え、便利になっています。

詳しい内容は“【ノートパソコンのタッチパネルは必要?】大学で使うメリット、デメリットを徹底解説”で書いています。

AMD Radeon™ グラフィックスとは

CPU“AMD Ryzen™ 7 5700U”に内臓されたグラフィックカード。最近の普通に使う(ゲーミングパソコン以外)ノートパソコンは、単体のグラフィックカードではなく、CPU内臓グラフィックカードを使用するタイプが多いです。CPU内臓グラフィックカードのメリットは、消費電力が少なく、発熱量が少ないことです。ノートパソコンの寿命は発熱が関係します。発熱量が少ないCPU内蔵グラフィックカードを使うと、ノートパソコンの寿命を延ばせます。
メモリ量にもメリットがあります。単体のグラフィックカードは専用のメモリ領域を必要です。CPU内蔵グラフィックカードは、CPUとメモリを共有でき、メモリの節約にもなります。デメリットは、単体のグラフィックカードに比べ、G3D Mark(能力を表す数値) が低く、3Dゲームをハードに操作するには向いていないことです。動画編集やillustratorなどグラフィック系のアプリケーションは使用できます。メモリを共有するので、消費電力が少く、グラフィック系は使いやすいパソコンです。

CPU内蔵のグラフィックカードはノートパソコンを軽量化

単体のグラフィックカードのパーツを、ノートパソコンに組み込む必要がないので、軽くなります。ノートパソコンは移動でき、どこでも作業ができるのががメリットです。G3D Markの数値が気になる方は、“PASS MARK”でチェックしてみてください。

                » PASS MARKでのG3D Markをチェック

タッチパネル対応でスペックが高いノートパソコン!


IdeaPad Flex 550 14型 (AMD) は、タッチパネル対応のディスプレイで、CPUのベンチマークが高いノートパソコンです。タッチパネル対応のノートパソコンで、スペックが高いノートパソコンは数多くありません。タブレットもノートパソコンも欲しい方には、1台で何役もできる“IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)”は最強にコスパがよいノートパソコンです。

他のタッチパネルのノートパソコンは“【2022年】タッチパネルが便利なノートパソコン5選”で紹介しています。

スキルをスライド“slide style”

スキルをスライドして、先駆けて情報やスキルを得ることで、仕事の付加価値が増え、結果、収入を増やすことができ、自由な時間を得ることができます。
自分の好きなことに使える時間を増やすことが、slide-styleの目的です。