Slide Style
スキルをスライドさせて自由に生きる
『スライド・スタイル』
パソコンの選び方

CPUとは?CPU比較

CPU-CPU比較

CPUは、パソコンでの頭脳といった例えがよくされます。
頭脳なので高い能力があれば、難しく大量のデータを処理することができますし、低い能力だと簡単な作業しかできない、ということになります。
そう聞くと、高い能力のものが欲しいと思うのですが、高い能力のものであればあるほど、価格が高くなります。
操作にあった能力のCPUが搭載されたものを購入することが、コスパがよいと言えます。
次のCPUの比較表で、使う目的と合っているかどうか、確認することができます。

CPUの種類

一般に国内で流通しているパソコンに搭載されているCPUは、主にInetel、AMD、Apple のものになります。
それぞれの名称は、シリーズ、型、世代、番号などを表し、能力を表しています。

Inetel(インテル)

Inetelでは、ネットワークやデータセンター、AI、パソコンなど様々なCPUを製造しています。演算処理の速さに定評があります。
InetelのCPUでパソコンに搭載されているCPUシリーズは、Core i、Pentium、Celeron、Atomが一般的です。

AMD(エーエムディー)

AMDもIntelも性能の差では、ほとんど差がありませんが、コスト面ではコスパがよいと言えます。CPUの中には、GPU(3Dグラフィックスを表現するのに必要なチップ)内臓※1のものがあり、AMDは、Intelに比べ演算処理の速度などが劣りますが、GPUの性能が高くなっているものがあります。
よって、ゲーミングパソコンなどを購入する場合、CPU+GPUといった構成にしなくても、CPUだけで対応できるため、コスパに優れることになります。

※1 CPUの中にGPUが内臓されている場合、以下のようなスペックの書き方になります。

CPUにGPUが内臓されている場合の表記の例

Apple

Aシリーズ、Sシリーズ、Tシリーズ、 Wシリーズ、Hシリーズ、 Uシリーズといった、iPhoneやiPod touchの初期バージョンから使用してきており、パソコン用には、Mシリーズがある。
種類は、M1、M1 Pro、M1 MAXで、CPUやGPUを統合したシステム・オン・チップ。

CPUの比較・能力表

IntelとAMDのCPUの種類の能力をシリーズで表した表です。
Apple のものは、同じApple社のMACに搭載されるので、ここの比較表には載せていません。
このCPUの比較表はCPU自体の能力の表であり、メモリやストレージの組み合わせ次第とGPUを搭載するかどうかで処理できる量や、速さが変わってきます。

CPU能力比較表

CPUの世代

型番ですが、比較・能力表から見ると、シリーズの数字が多ければ、性能がよいように思われがちですが、実は世代も重要で最新の世代の方が能力が高いです。
例えば、Core i 5の9000番台であれば、 Core i 7 の4000番台よりはるかに性能がよくなります。 9000番台と 4000番台では、この間に4世代も入っており、 4000番台は 9000番台から見ると、かなり昔の古いCPUになるからです。
重要な世代を把握するために、↓に型番の見方を書いてみましたよ。

Intel

シリーズでは、目的に合わせた分類で、そこの中で更に、「世代」といった分類があります。世代は、シリーズの後に続く番号で表されています。
こちら↓に見方を書いています。

Intelの型番の見方

今なら第12世代が最新となりますが、世代は数が多いほうが性能がよいです。今、発売されているもので購入を考えるなら、最低でも第8世代以降がよいでしょう。
なぜなら、第8世代以降に飛躍的にCPUのあ性能がアップしたこと、Windows11に対応しているのは、第8世代以降であることといったことがあります。
Windows11に対応できるかどうかの確認は、こちら↓ の記事を参考にしてみてくださいね。

AMD

AMDも、シリーズでは、目的に合わせた分類で、そこの中で更に、「世代」といった分類があります。世代は、シリーズの後に続く番号で表されています。
こちら↓に見方を書いています。

AMDの型番の見方

世代の見方は1XXXは第1世代、2XXXは 第2世代、3XXXと4XXXが 第3世代、5XXXは第4世代になります。※XXXXは数字
種類は、Intelと同じように、低消費電力、グラフィックスの性能“GPU”の有無、スタンダードなど、特徴を示しています。

次に、アルファベットが示すのは、低消費電力、グラフィックスの性能“GPU”の有無、スタンダードなど、特徴を示しています。

CPUの能力確認方法

CPUの能力を知るのに、シリーズとか、世代とか、複雑ですよね。
CPUの能力を簡単に知る方法があります。
コンピュータシステムのハードウェアやソフトウェアの性能を測定するための指標“ベンチマーク”を“PassMark”で調べることができます。
PassMarkはこちらのサイトです。型番を検索することで、ベンチマークを調べることができます。
但し、PassMarkのベンチマークはずれがあるので(プログラムやアプリに起因する)、大体このくらいといった感じで把握します。

能力別可能操作

CPUのベンチマークがわかると、どういう作業ができるのかわかります。
PassMarkのトップにパフォーマンス(能力)毎に区切った表があります。
PassMarkのCPUの分類が、ハイエンドは6344~40292とありましたが、非常に幅広いのでこれを2つに分割して表してみました。
また、ベンチマークはCPU単体を図ったもので、パソコンはCPU、メモリ、ストレージ、必要であればGPUといった他のパーツ間とのやりとりをするものです。
組み合わせ次第で発揮できる能力が変わるのをご考慮していただき、あくまでも目安として参考にしてみてくださいね。

  • 13000~…ゲーミングパソコンの初心者から動画配信などができる。
  • 6000~13000…事務系アプリで重いデータを処理、動画編集
  • 2000~6000…動画視聴、事務系アプりでデータを処理 

2000以下もありますが、ネット閲覧だけならばできるかもしれませんが、表示させるのに時間がかかるので、パソコンを使いたいという方にはおすすめできません。

CPUの他には、GPU、メモリ、ストレージといったパーツがあります。
GPUについてはこちら↓の記事でかいています。

パソコンの他のスペックについてはこちら↓の記事にまとめています。


ABOUT ME
イーナ
イーナです。コンサル系IT会社に勤務しています。グラフィック系、会計、社会インフラ系アプリなど10種以上使ってきた経験をもとに、パソコン・ガジェット系の情報を発信しています。
スキルをスライド“slide style”

スキルをスライドして、先駆けて情報やスキルを得ることで、仕事の付加価値が増え、結果、収入を増やすことができ、自由な時間を得ることができます。
自分の好きなことに使える時間を増やすことが、slide-styleの目的です。