パソコンの選び方

メモリとは?メモリ比較

メモリーメモリ比較

メモリは、CPUやGPUが一次的にデータの処理をする場所。
大きいほうがよいですが、大きいメモリは価格が高いので、使う目的に容量や種類を選ぶほうがコスパがよいです。

メモリの必要容量

下に今、販売されているメモリで操作できる内容を書いています。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: メモリ容量.png
メモリの必要容量 使う目的

メモリだけあっても、必要なCPUやGPUのレベルが達していないと操作できないので、パソコンの構成はバランスよくするのが理想です。
アプリはそれぞれ、システム要件を持っていますので、使う目的がある場合は確認しましょう。

メモリのチャンネル

メモリのチャンネルの種類

メモリのチャンネルには、種類があります。

  • シングルチャンネル…メモリ一つで動作
  • マルチチャンネル…複数のメモリで動作
             デュアルチャンネル…メモリ2つ
             トリプルチャンネル…メモリ3つ
             クアッドチャンネル…メモリ3つ

             

スペックでの16GBのメモリの表記の例として、

  • シングルチャンネル…メモリ16GB
  • デュアルチャンネル…メモリ16GB(8GB×2)

という書き方になります。

メモリのチャンネルの違い

スペックでの表記を見ると、シングルでもデュアルでも合計16GBなので、同じように見えますが、データの処理はチャンネルの種類で違ってきます。
下↓にイメージを表してみました。

シングルチャンネルのイメージ
デュアルチャンネルのイメージ

たくさんのデータを処理するのに、一つより2つの伝達経路があった方が、スムーズにデータを送ることができます。
しかし、プログラム、データによっては、処理するデータが少ない、送るデータが少なければ、データを送るのに混むこともないので、デュアルチャンネルの必要がありません。
ゲームなど、プログラムの処理とデータを速く送って、ビジュアルに表すのをスムーズにしたほうが効果があるものに適したチャンネルです。
最近では、ゲームをするユーザーが増えたので、パソコンのスペックでデュアルにしているものも、よく見かけるようになりました。
パソコン1台をオンとオフの両方で使用できるようになってきています。

メモリ選択の注意点

メモリはカスタマイズパソコンであれば、後に増量することができますが、ノートパソコンは増量できない場合が多いので、使う目的に合わせて選ぶようにしましょう。
メモリが少ないと、重いデータの変換などは、一括変換ではなく、作業をいくつかに分ける必要があり、時間がかかってしまうという環境になってしまいます。

パソコンの他のスペックについてはこちら↓の記事にまとめています。

ABOUT ME
yume
大学生が4年間使えるパソコンの選び方を、コンサル系IT会社で働く筆者が、ITの現場感を持って解説しています。現場だからこそわかるアプリケーションの進化に対応できるパソコン選びをお手伝いします。
//絞り込み検索
  • 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ