Slide Style
スキルをスライドさせて自由に生きる
『スライド・スタイル』
家電・ガジェット

【ポケトークSレビュー】初心者向け使い方・通信非対応地域の対処法も解説

【ポケトークS体験レビュー】初心者向け使い方・通信非対応地域の対処法も解説

海外旅行で“ポケトークS”を使い方は、使い勝手が気になりますよね。
使い方が難しくて使いこなせないなら、スマホの翻訳アプリの方が便利かもしれません。
“ポケトークS”は、グローバル通信を採用していますが、他の翻訳機と同様に、非対応地域があります。
コンサル系IT会社でパソコンを駆使し、ガジェット好き。
別の仕事ですが、海外出張、プライベートの旅行で訪れた国は10以上の筆者が、ガジェットの知識と海外事情も合わせて、“ポケトークS”の利用の仕方、グローバル通信の非対応地域への対応をレビューも含めて解説します。
“ポケトークS”は、無料で使える一般の翻訳アプリよりできることが数倍も多く、英語力を伸ばすことができるメリットもあります。
初心者の方でもわかりやすく、説明しているので見てくださいね。

ポケトークSはキャンペーン中

ポケトークSでは、2022年9月30日(金)まで、“そろそろ海外旅行キャンペーン”を実施中。
ハワイ旅行や旅行券が当たるキャンペーンをチェックしてみてくださいね。
お得なキャンペーンはこちらから。

ポケトークSの設定

メニュー画面の見方や設定の仕方について、わかりやすく図解で説明します。

翻訳言語を設定

ポケトークSの本体、右の横上に電源、右下に音量調整ボタンがあります。
電源を入れると、立ち上がり画面になります。

ポケトークs立ち上がり画面
ポケトークS 立ち上がり画面
  1. 翻訳する元の言語を設定します。
    ①をタップすると、言語の一覧表が出てきます。
    その中から、翻訳する元の言語を選択。
  2. 翻訳で知りたい言語を設定します。
    ②をタップすると、言語の一覧表が出てきます。
    その中から、翻訳で知りたい言語を選択。
  3. メニューボタンをタップすると、メニュー画面に切り替えができます。

設定の仕方

立ち上がり画面のメニューをタップすると、設定の項目があります。(①)

ポケトークS設定画面メニュー
ポケトークS メニュー画面

①設定

①の「設定」をタップすると、下の画面になり、各項目の設定ができます。
設定の項目は多く、表示画面を下にスクロールすると、全部の項目を見ることができます。

ポケトークS 設定画面

文字の大きさ

ポケトークSは、コンパクトなボディですので、画面も小さいです。
小さい画面に文字が表示されるので、人によっては見にくいかもしれません。
文字を好みの大きさに変更できます。

ポケトークS 文字の大きさ
ポケトークS 文字の大きさ

設定の項目の「文字の大きさ」をタップすると、「文字の大きさ」の一覧表が出てきて、好みの大きさにチェックを入れることで、大きさを変えることができます。

使用エリア

使用エリアをタップすると、通信環境を設定できます。
グローバル通信は、グローバル通信対応通信地域のみ使用できます。
グローバル通信対応通信地域の詳細はこちらです。
nanoSIMスロットが収納できますが、自分で用意するnanoSIMは、動作確認の補償がありません。
用意したnanoSIMを使う場合は、注意が必要です。そこで、通信に関してはWi-Fi接続がキーになります。

ポケトークSのWiFiへの接続

ポケトークSは、グローバル通信の他、Wi-Fi接続もできます。
他の翻訳機でもそうですが、グローバル通信の対応地域は、全ての国と地域を網羅しているわけではありません。
翻訳機の口コミに、「持って行ったのに、○○では使えなかった」というものがあります。
○○の地域を調べると、非対応地域である場合があります。Wi-Fi接続の設定は、“Wi-Fi”をタップするとできますので利用しましょう。
近辺にあるWi-Fiスポットが表示されるので、タップしてパスワードを入力すれば使えます。
また、行く先の通信環境がどんな状況かも行く前に確認しておいた方がよいでしょう。

海外旅行では通信環境を確保

通話・データ通信ができる通信環境を確保しておきましょう。

非対応地域で、ホテルにWi-Fi環境があるから大丈夫と思っても、ホテルの使う場所によっては、接続が悪く使えない場合があります。
大きなホテルで、見晴らしがよいオーシャンビューの部屋などは、ホテルの中心から離れ、Wi-Fiの接続性が悪くなる場合があります。
その一方、エレベーター付近は、接続がよかったりする経験はありませんか?
ポケトークSは、Bluetooth機能はありますがテザリングできないことになっています。
以下↓はポケトークSのBluetoothの設定画面です。

ポケトークSのBluetooth設定画面


ホテルや公共の場所でWi-Fiで使用できない場合で接続できるのは、通信できるスマホを用意し、スマホからインターネット共有で翻訳機を利用することです。

スマホからインターネット共有でWi-Fi接続する

スマホからインターネット共有できるのには、条件あり。
  1. スマホがインターネット共有できるOSであること。
  2. スマホの通信会社の契約プランが、データ共有の可能であること。


i Phoneでインターネット共有はできますが、Andoroidで、インターネット共有ができるのは、OSのバージョンによって変わってきます。
また、通信会社の契約プランによって、i Phone、Andoroidのどちらでも違うので確認する必要があります。

ここでは、i Phoneでインターネット共有はWi-Fi接続する方法を、説明します。

i Phoneの設定画面の説明をします。   
i Phoneの「設定」→「インターネット共有」をタップします。

i Phoneのインターネット共有画面

主な海外ローミングサービス会社

グローバル通信の非対応地域の場合は、機種や料金プランによっても、通信環境で対応できるかどうかが変わってきます。
通信会社の公式サイトでは、海外での通信“海外ローミング”に関して、地域や対応機種を記載していますので、確認することができます。
なお、海外でのスマホでの使用は、ahamo以外は追加料金が発生すること、申込みが必要になることに注意しましょう。

海外ローミングサービス会社

ahamo

au/UQ/povo SB/Ymobile
LINEMO
楽天
料金 追加料金なし 490~980円/日
※Povo2.0は海外ローミング不可
海外パケット
し放題
2,980円/日
2GBまで
データ通信0円
超過後500円/1GB
対応地域 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

ahamoの詳しい案内はこちら です!

楽天モバイルの詳しい案内は こちら です。

②ハンズフリー

ポケトークSをデスクなどに置いたまま、「スタート」を押して話すと自動的に訳すシステム。

③会話レッスン・④カメラ翻訳

旅行やビジネスに役立つ翻訳機能ですが、英語学習にも効果的な機能です。
特に、“発音練習機能”、“AI会話レッスン機能”などはポケトークSだけの特徴です。
詳細はこちら↓の記事で書いています。

⑤単位変換

旅行や旅行の計画にも役立つ、単位変換機能。
日本円と換算したい通貨を登録するだけで、現地の料金を入力すると自動的に円の料金を算出してくれる便利な機能です。

ポケトークS 単位変換
ポケトークS 単位変換

⑥メダル

翻訳した言語数、翻訳回数、会話レッスンをした回数、訪問国など機能を使った回数に応じて、メダルが表示されます。
マップ上に訪問国にメダルがつくのは、旅の楽しみになりますね。

⑦グループ翻訳

ポケトークSが複数あれば、ポケトークSで自国語を話せば、参加している相手が設定した言語のメッセージを受け取れる機能です。
話し相手の言語に合わせて言語設定を切り替える必要がないので、スムーズに会話をすることができ、ミーテイングや会議での使用に便利です。

まとめ:“ポケトークS”はプレゼントにも最適

ポケトークSは、名刺サイズと同じサイズでありながら、翻訳だけではなく他の機能も備えています。
コンパクトでありながら、多機能なアイテムは、プレゼントで感動させたい時にピッタリです。

ポケトークS 大きさ


入学祝いや折り目のイベントのプレゼントにもきっと喜ばれると思います。
タップ一つで直感的に操作ができるので、どなたでも使いこなせることができます。
翻訳できる言語数も多いので、どこに行っても通信さえあれば翻訳できる便利な翻訳機です。データは随時アップデートできるので、内容が古くなることもありません。
翻訳だけでなく、英会話の練習や英語力のアップにも役立ちます。
英会話レッスンや英検・TOEIC・受験対策に使用できることを考えると、とてもコスパのよい翻訳機でしょう。
プレセントするなら、何か役に立つものをと考えられている方は、多機能な役に立つアイテム“ポケトークS”は目的に合うのではないでしょうか。

英語学習に効果的な“ポケトークS”は、ただいまキャンペーン中。
ハワイ旅行のプレゼントなどお得なキャンペーンはこちらから。

ポケトークS以外の翻訳機を検討されたい方はこちら↓の記事を参考にしてみてくださいね。







ABOUT ME
イーナ
イーナです。コンサル系IT会社に勤務しています。グラフィック系、会計、社会インフラ系アプリなど10種以上使ってきた経験をもとに、パソコン・ガジェット系の情報を発信しています。
スキルをスライド“slide style”

スキルをスライドして、先駆けて情報やスキルを得ることで、仕事の付加価値が増え、結果、収入を増やすことができ、自由な時間を得ることができます。
自分の好きなことに使える時間を増やすことが、slide-styleの目的です。